ミライノ記録

楽しく学べるアプリの紹介、モバイルアプリ開発記録等

「ぐりぐり都道府県」のiOS版をリリースしました

【ついにiOS版をリリース】

先日、iOS版の「ぐりぐり都道府県」をリリースしました。実は2月の頭くらいまではリリースは自分には難しいかなと思い諦めていました。しかし仕事の関係で時間ができた事と、「地域経済分析システム(RESAS :リーサス)」のアプリコンテストで1次選考を突破し、最終選考に選ばれたことがモチベになりまして、久しぶりにiOS版のリリースすることを決めました。

 

4〜5年前に勤務先のゲームをリリースした事はあるのですがその後まったくリリースしていませんでした。ただアップルのツールであるXcodeやらプロビジョニング(証明書)やらアップルの審査やら、面倒だったなという記憶だけは残ってました。

とはいえやらないと進まないので、まずは開発ツールであるUnityの設定をiOS版に変更してみました。しかしエラーがほとんどなく、あれこれ行けるんじゃない?という楽観的な気持ちになれました。ええ、そこまでは・・・。その後アップルへの開発者免許ともいうべきメンバーシップの登録をし、XcodeiPhoneに転送するのですが、昔から開発用としてすでに端末登録してあるiPhone6にはアプリを転送できて動作の確認までできました、やったね!  と思って、iPhoneSEとiPadPro(ウチではこれらが最新端末)に転送してみたのですが、アプリが起動しないのです。すぐ落ちてしまう状況です・・・。

 

 

 

Xcodeから転送してもすぐ落ちる現象】

ここで私の長年の勘が働きましたね、「きっとプロビジョニング(証明書)関係だな」と。最近書かれたiOSでリリースするというサイトをみて調整、プロビジョニングファイルそのものを削除して作り直す、ビルドを試す。3日やってもかわらずTwitterで相談できる開発メンバーにもきいてみたのですが、とくにわからずでした。ネットで調べても「xcode アプリ すぐ落ちる」ではこれだというものが無く途方に暮れておりました。

3日目あたりですかね、「Unity2018にアプデしたらXcodeでcode signingでエラー」という記事をかかれた方がいて、内容は私のとは合っていませんでしたが、もしかして開発ツールであるUnityのバージョンかなと思い、Unity2018.1 から Unity2018.3 に変更してビルドしてみたところ、なんでもなく動作するではないですか! このとき妻を驚かすくらい「うごいたぁああー!」って叫びました。どうやらUnityのバージョンのせいだったようです。勘・・・。

 

 

 

Xcodeのシミュレータ】

ようやくiOS版の調整ができると思ったらシミュレータが起動しないというか、選べないんですよね。なんで選べないのか悩みましたところ、Twitterで教えてもらえました「Unityはビルドの前に実機用かシミュレータ用かを選ばなくてはならない」と。つまり実機でもシミュレータでも使えるようなビルドはできないという事ですね、シミュレータ設定にしてビルドしたところ、Xcodeにてシミュレータで動作できました。良かった。いや良くないんです。iPhoneXとかXRとかで見ますと、上下がバナー広告とずれていたのです。当初はバナーのせいかとおもいましたけども、iPhone側のSafeAreaとやらで調整する必要があるそうなのです。自動ではないんだ??? ここは「iPhoneXのSafeArea対応」という記事を参考に調整してなんとか上下対応もできました。

 

 

 

【アプリをストアに登録】

実機転送もシミュレータでのテストもでき、バナーを調整し、ようやくアプリの新規登録作業ができまして、その勢いで審査に出しました。久しぶりの緊張。ここでリジェクト(そのアプリ却下)というメールがくると心に傷を負います。しかしながら問題なく審査が通りましてリリースできました! いやいやまだ告知は早いのです。

Twitterで相談できる開発メンバーに見てもらったところ、なんとファイルサイズが550MBほどあったのです。すぐにサイズの縮小と、調整作業を開始しました。サイズダウンの1つにiOS10以下を切るという手法を教えてもらいました。32ビット版のOSのiPhoneでは動作しないようになるということかと思います。それと背景の絵でキレイすぎるファイルを半分のサイズにして拡大表示したりといろいろ対応しましたところ、230MBほどになりました、作っているのはユニバーサル版(1ファイルでiPhoneiPadも動作する)なのですが、iPadで見ると230MBですがiPhoneでみると120MBほどまで小さくなっておりました。よかったよかった。

これらをアップデート版として審査にだしたところ、12時間ほどでOKとなりリリースできました。最終確認をしてから告知させていただきました。

 

 

 

iOS版をリリースして】

リリース後1日目のダウンロード数は54でパッとしませんね。はぁ・・。と思っておりましたら、2日目は110、3日目は521、4日目は809、と増えているではないですか! 当然、広告収入も17円、50円、300円、850円・・と増えていきました、嬉しい!

2月10日までのダウンロード数は、Android130くらい,iOS2300くらいなのですがまさかここまで差があるとは思いませんでした、というかAndroidどうした??  どうやらアプリのカテゴリが「教育」のせいかもしれないという情報をいただきました。そうかもしれません。

 

f:id:jeffry1461:20190212114125j:plain

ぐりぐり都道府県、iOS版ダウンロード数

 

 

【まとめ】

当初Android版だけリリースでいいと思っていたのですが、iOS版もリリースできて本当によかったと思いました、気づかない苦労はありましたが、次回からかなり楽にできそうです。(審査が取る必要はありますが)

そして、教育カテゴリの無料ランキングで41位になりました。いやーまさかランキングの話ができるまでダウンロードしてもらえるとは思いませんでした、よかった。

 

f:id:jeffry1461:20190212114317p:plain

ランキング

 

そして今週末は 、「地域経済分析システム(RESAS :リーサス)」のアプリコンテストの最終審査会に参加し、アプリのプレゼンをします。「ぐりぐり都道府県」と「ミライノ制作所」という名前だけでも覚えてほしいと思っております。(今までこんな楽しみなプレゼンはないです)

 

都道府県を楽しく覚え直すアプリ「ぐりぐり都道府県」をリリースしました

【リリース】

ミライノ制作所としてのアプリの第一弾「ぐりぐり都道府県」をリリースする事ができました! リリースに向けての作業を教えてくれた方々、デバッグを手伝ってくれた方々、Twitterで応援してくれた方々、ありがとうございます!

 

f:id:jeffry1461:20190124212327p:plain

ぐりぐり都道府県

ダウンロードはこちら

Android

play.google.com

 

iOS

2019年2月かな多分おそらく

 

 

【歴史】
今まで数本リリースした事はあるのですが、全てシンプルな小規模のゲームでした。しかし仕事として「学習コンテンツ制作」に長く携わっていますので、この経験と知識を少しでも役に立てたいとずっと思っておりました。単に学習するアプリではなく、楽しく学べるコンテンツの制作を理想としておりました。

 

 

【転機】
神の啓示か偶然か、昨年は初夏からけっこうヒマでして…それならば悲願のアプリリリースに向けて作業開始だぁ!と思ったのがきっかけです。4月に企画し仕様書を書きまして、5月からボチボチ作りはじめました。制作前に他の都道府県を覚える学習アプリを研究してみたのですが、みな都道府県をドラッグして地図にはめるタイプでした。なのでこれとは違う方法で作れないかなと考えているうちに、バーチャルパッドで都道府県を移動させる…都道府県が日本の上空を飛び回って解答するような形としました。(ドラッグタイプをご所望の方は他のアプリで遊ばれる方が良いかと思います)

 

 

【制作開始】

プロトタイプを作った頃に、偶然焼き鳥屋にいる「お坊さん」に見てもらったところ「こういうタイプは見たこと無いのでいいかも?」という反応だったので嬉しかったですねーありがたいお言葉でした。それが6月です。その後は本編以外を充実させていきました、「図鑑ノート」と「しろいくまるーむ」です。「図鑑ノート」は正解した都道府県の情報を見たいねと思って作成しましたが、「しろいくまるーむ」は完全におまけ要素として作成しました。でも3Dのインテリアを配置して2Dと合成したりと、制作していて面白かったです。できればモデルは全て作りたかったのですがそこはアセットに任せました。

 

 

【デジゲー博】

まあ大体できたかなというところで「デジゲー博」という同人アプリの発表ができるイベントに出展しました。それが11月。みなに遊んでもらえて嬉しかったですが課題もいただきました。本当に出展できてよかった…。

 

 

【地域経済分析システム(RESAS :リーサス)】
デジゲー博でもらった課題を修正しているうちに12月になりました。その頃に「地域経済分析システム(RESAS :リーサス)」というデータを使ったアプリコンテストをしているという情報をゲットしました。正直なところ「ぐりぐり都道府県」は地域データはちょっぴりしか使っていないのですが、このコンテストへの提出をモチベーションとして年末年始の開発をがんばりました。提出の締め切りが1月7日(月)でしたので1日前の6日には提出しないと危険だと思いまして、年末年始もずっと開発しておりました…今年の正月は人生で1番短かった気がします。
なんとか6日にはアプリをまとめて、β版(これが最大限でした・・)としてストアにアップしアプリコンテストに提出することができました。今のところ結果は届いておりませんが何かあるといいなぁ。参加賞とか。

 

 

【ダウンロード】

正直ダウンロード数はたいしたことないです、まだ100もいっていないくらいです(悲)。ゲームカテゴリでは戦えないと思ったので教育カテゴリにしたのは良くなかったかしら? いやまあこんなものかもしれません。これからすこしづつバージョンアップはしていきたいと考えております。

 

 

【今後】

ようやく教育にすこしでも関係するオリジナルコンテンツを制作することができたのでとてもうれしく思っております。名刺の裏にアイコン貼れますね!今まで貼った事なかったものでして。第二弾というのはまだ検討中ですが、しばらくはバージョンアップ作業をし、その後iOS版をリリースしたいと考えております、よろしくおねがいします。

 

 

ゲームマーケットというイベントに行った話

ゲームマーケットというイベントが東京のビッグサイトでありました。ゲームマーケットとはこんなイベントです。

ゲームマーケットは、“電源を使用しない”アナログゲームのイベントです。

出展者が製作した、さまざまなジャンルのボードゲームやカードゲーム、テーブルトークRPGシミュレーションゲームなどが販売されており、また、ゲームに関わる解説書やコマ、サイコロといったグッズも豊富に扱われています。」

 ゲームマーケットサイトから引用

 

 

【歴史】

私も若い頃(とても昔)はボードゲームやカードで遊んでおりました。当時はシミュレーションゲームと言われておりまして、紙のボードとコマ、サイコロで遊びました。(ファミコンすら無い時代です)

その頃は海外の戦争ゲーム・・はルールが難しすぎてあまり遊べなかったのですが、日本製のガンダムダンバインオーガスマクロス宇宙戦艦ヤマトなどのシミュレーションゲームがでてきまして、一人でも友達とも遊んだものです。

 

 

【現在】

今はアナログゲームなどでまったく遊んでいないのですが、このイベントで今どきのアナログゲームを見ることで、なにかゲーム制作のヒントにならないかと思いまして見に行きました。

 

 

 

【会場内】

f:id:jeffry1461:20181127160956j:plain

f:id:jeffry1461:20181127160951j:plain

f:id:jeffry1461:20181127160947j:plain

 

想像を超えて盛り上がっておりました、試遊台で熱くなられている方が多数おられました。男性だけでなく、女性も多かったですね。学生やおじさんも多く、世代を超えて楽しんでいるようでした。子供はあまりいなかったですが。

 

 

いただいたパンフレットなどの資料からいくつかゲームを紹介します。ブースの写真は勝手に撮れないと思い資料だけとしました。

f:id:jeffry1461:20181127161251j:plain

 (資料の写真を載せましたが不都合ある場合はお知らせください)

 

f:id:jeffry1461:20181127161326p:plain

 

サイコメトラーAR
「このゲームはサイコメトラー1人とそれ以外の容疑者に別れ、容疑者の中に潜む犯人を探すゲームです。犯人を示すヒントは写真をサイコメトリーする(アプリで読み取る)ことでサイコメトラーにだけわかるようになっています。」とのこと。

カードゲームとアプリの融合、という部分が興味深かったです。


ALTER EGO
自分探しタップゲーム
質問に答えることで、数種類の性格診断ができるようです。(あーうまく説明できなくてすいません大野さん)


たった今考えたプロポーズの言葉を君に捧ぐよ。
プロポーズする側は、配られたカードを自由に組み合わせ素敵なプロポーズの言葉を作って読み上げ、最後に「結婚しよう!」と言いながら、自分の指輪を親に差し出す。
プロポーズされた側は、一番グッときたプロポーズの言葉を捧げたプレイヤーの指輪を受け取ると、1ゲーム終了。


花と吹雪
吹雪になるかどうかを予想して、憧れの姫のために宝石の花を探すゲームだそうです。

 

フォントかるた
カードはすべて同じ文章が印刷されているのですが、その文章のフォントが違っているというわけです。デザイン関係の人でないとさっぱり面白くないかもしれません(・∀・)

 

 

マンガもありました。


ゆるゆるボドゲバカ
きりんなべさんの、ボードゲームが好きになるマンガ。
きりんなべさんとユカイな仲間でボードゲームを遊んだ内容がマンガになっているので、このゲームはこうやって遊ぶのかということがわかります。

 

 

 

f:id:jeffry1461:20181127161254j:plain

 

ハツデン

発電をテーマにしたゲーム。
5種の発電所を造り、街へ電気をバランスよく送るゲームだそうです。イラストが素敵。

 

 

【おまけ】

f:id:jeffry1461:20181127163357j:plain

f:id:jeffry1461:20181127163352j:plain

X-Codeのゲームなんてあるんですね。神のリジェクト攻撃が最強なのでしょうか?(うそです)

 

 

 

【まとめ】

モバイル アプリのイベントでいうところのデジゲー博に近い感じがしました。ただし「試遊台」というエリアがある事では完全にゲームマーケットのほうが勝っていますね。面白いイベントでした。

 

 

 

 

デジゲー博というイベントに出展した話

デジゲー博というイベントが東京の秋葉原で11月4日にありました。デジゲー博とはこんなイベントです。

「デジゲー博」は同人ゲーム、インディーゲームの展示・頒布のイベントです。プラットフォームは不問。PC、スマートフォンタブレット、ゲーム専用機だってOK

デジゲー博サイトから引用

 

 

昨年初めてデジゲー博というイベントに出展をしました。前回はコンセプトだけで作成した、さわれるデジタル絵本を展示しました。その際テストプレイしてくれた方から「こうやるといいのでは?」「とあるアプリでこうやっていたので真似するといいかも」など意見をいただいで、とても勉強になったのを覚えております。まあ結局はボツになりました。(ごめんなさい)

 

今年はデジゲー博に合わせたわけではないのですが、ちょうど「ぐりぐり都道府県」が80〜90%の出来でしたのでこれを展示する事にしました。なのでアプリの準備はそれほど慌てなくてすみました。ブースの準備も特に問題なく、配布物はアイコンクッキー、シール、ポスターは用意しましたが、フライヤーは無しとしました。(私自身フライヤーをもらってもあまり見直さないので…)

 

妻と二人で店番なので手は足りると言いたいところですが、他のブースを見たかったので「Green Bit」さんに店番を手伝ってもらう手はずも整えました。去年も手伝ってもらったのですが、非常に助かりました。ありがとうございます!(億万長者になったらうまい棒おごります)

 

 

 

 

f:id:jeffry1461:20181106230650j:plain

ブース準備中の時間。私はこういう時間大好きです。いろいろなブース、展示物、フライヤー、グッズなどが少しづつ用意されていきます。いつかデジゲー博の運営を手伝いたいな。

 

 

f:id:jeffry1461:20181106230803j:plain

ミライノ制作所はこんな感じのブース。高さが無いですがそんなに凄いモノを展示するわけでも無いので妥協しました。

 

 

f:id:jeffry1461:20160525232118p:plain

 

f:id:jeffry1461:20181106231028j:plain

展示した「ぐりぐり都道府県」というアプリは、大人も子供も楽しめる、日本の都道府県の位置を覚える学習ゲームです。お題の都道府県をバーチャルパッドを使って正しい位置まで移動させるというものです。学習なので時間切れはなくしてありますが、早く答える方がゲーム内で使用できるコインを多くもらえるようにしました。

 

 

f:id:jeffry1461:20181106232140j:plain

コインはゲーム内のキャラクターである「しろいくま」の部屋のインテリアを充実させるために使う事ができます。ここはオマケ要素なのでとくに学習とは関係ありませんが、学習を繰り返してほしいための機能です。

 

 

f:id:jeffry1461:20181106232345j:plain

正しく答えることができた都道府県は、「図鑑ノート」としてしろいくまが記録をつけてくれます。2回答えるとその県のお祭り情報(しろいくま調べ)、3回答えるとその県の気になる食べ物情報(しろいくま調べ)を得ることができます。

 

 

遊んでくれた方々にはいろいろは意見をいただくことができました。一番は操作かもしれません。「バーチャルパッドで県を正しい位置に持っていく」これがなかなか全員にはわかってもらえませんでした。あとは展開をもっと早くしたいとか、関係ない部分をタップした時になにか反応がほしいなどもありました。

 

途中、外国人の方2名に遊んでいただきましたが、お二人ともほとんど迷わず正解になった事に驚きました。日本に興味があるという事で勉強されていたと思います。開発当初の私より理解されていたという事実。

 

未就学児2名にも遊んでもらえました。ちびっ子達は二人とも漢字が読めなかったと思うのですが、県の形で正解位置がわかったようです。・・・マジか!?すごいぜ!

 

全体として、ちびっ子を含む若い方々にはこちらの理想の遊び方をしてもらえました。逆に中年男性はバーチャルパッドになじめず、県のピースそのものをドラッグしたりしておりました。理由としては最初に思い込んだ操作方法を短時間で正しい方法切り替えることが難しいのかもしれません。これはやはり最初に画面を見てすぐわかるように説明をしつつ、すぐ操作できるような・・そんな説明が必要と感じました。

 

あと広告を入れればリリースと考えておりましたが、まだまだ調整が必要のようですね、がんばります。もしこの世にリリースを待っている方がいるとしたら嬉しいです。