ミライノ記録

楽しく学べるアプリの紹介、モバイルアプリ開発記録等

Unity2018.3.14だと、画面下部のバナーがずれる話

【気づき】

Unity2018.3.14でビルドしてたAndroid版のアプリのリリース後、結構たってから気づいたのですが、端末によって画面下部のバナー位置がずれておりました・・・

 

f:id:jeffry1461:20190920173701j:plain

Unity2018.3.14のビルド

隠れるはずの「ミライノ制作所」のロゴが半分みえたりしてとてもかっこ悪い・・

 

 

【端末によってずれまくり】

実はリリース後に「Xperiaでずれるよ」というご指摘をいただいたのですが、私の頭ではどう修正すればいいのかわかりませんでして・・・。数ヶ月そのままでした、申し訳ありません。

 

 

時は流れまして・・・

 

 

新しいぐりぐりシリーズの作成にあたり、いままで使用していた Unity2018.3.14 から Unity2019.1 にバージョンアップしてビルドしました。ついでにAdMobのバージョンも v3.18.3 にバージョンアップ。その結果どうでしょう? プログラムは何も変更していないのに、バナーの位置が画面下部でピタリと揃うではありませんか!

 

f:id:jeffry1461:20190920174344j:plain

Unity2019.1

 

 

 

【まとめ】

つまり画面下部のバナーがずれるのは、開発者が調整するのではなく、Unity側(もしかするとAdMob側?)での対応で調整できたという事になります。

 

 

 

 

【そして別の敵が現れた】

バナー部分がずれなくなりこれでいいと思ったのですが、Unity2019にバージョンアップしたせいなのか、なぜか一部のImageがうまく表示できない状態になっておりまして。一難去ってまた一難というやつですかね。また調整の日々です。

 

 

 

追記

やはりUnity2019.1のバグのようですね、記事がありました💦

 

qiita.com

 

AdMob 3.18.3 をUnityで呼び出すとアプリが動作しなかった話

【AdMobのバナー広告】

新しいアプリを作成するにあたり、最初に気にしたのが広告でした。まずはバナーでも置いてみようと思い、「Google Mobile Ads Unity Plugin v3.18.3」のunitypackageをダウンロードしました。使用しているUnityのバージョンは2019.1 です。プラットフォームはAndoroidでした。しかしなぜかアプリが起動してすぐ落ちます。悩んだ末にようやくテストバナーの表示ができたので記録しておきます。

 

 

f:id:jeffry1461:20190916170455j:plain

バナーが表示されたスクリーンショット

 

 

 

【なぜかアプリが落ちた】

新規プロジェクトで、AdMobのunitypackageをインストールし、IDをセットし、バナーリクエストをセットしました。しかしスプラッシュ画面が出る前にアプリが落ちるようになってしまいました。なぜ・・・?

マニュエストファイルにもIDをいれなくてはいけないと指摘されたのでIDをいれてみてもかわらずでした。

 

 

 

【IDは2種類あった】

IDとは広告ユニットIDかと思ったら、そういえばもう一つ、アプリIDというものがありました。そう、アプリが落ちる理由はこの2種のIDをセットするべきところにセットしなかったからなのです。(すごく普通のミスでした)

 

f:id:jeffry1461:20190916171512p:plain

広告ユニットIDの場所

f:id:jeffry1461:20190916171617p:plain

アプリIDの場所

 

 

 

【Unityにてセット】

セッティング部分の説明をします。

 

 

f:id:jeffry1461:20190916171656p:plain

Assetsメニュー

 

UnityのAssets -> Google Mobile Ads -> Setting

ここで表示されるインスペクターには アプリID をセットします。

 

 

 

f:id:jeffry1461:20190916171901p:plain

マニュエストファイル

マニュフェストファイルには  アプリID をセットします。

 

 

 

f:id:jeffry1461:20190916172148p:plain

バナー呼び出しスクリプト

 

さてスクリプトでバナーを呼び出す部分ですが、内容には自信ないのでAdMob様のリンクをみてください。ここでは 広告ユニットID をセットします。

 

 

 

 

【まとめ】

つまり、アプリID をインスペクタとマニュフェストファイルに、広告ユニットID をバナーを呼び出すスクリプトにセットすることが正しい方法でした。ただ・・もしこれでも表示されない場合は他の原因も考えられます、はい。

 

 

アプリをだしたらアップルにフィーチャーされた話

都市伝説

何年か前に聞いたことがあります。

AppStoreでフィーチャーされる時は、アップルから「フィーチャーするからサムネを24時間以内に作って送れ」というメールがくるらしいと・・・。

 

 

ぐりぐり都道府県」というアプリをAppStoreでリリースしたのが2019年2月8日。そしてこんなツイートをしたのが2月15日でした。ええもちろんジョークです、願いは込めましたけどれど。

f:id:jeffry1461:20190515155244j:plain

妄想ツイート

 

 【平和な毎日が突然

と思っていたら、3月12日にアップル様からメールがきているではないですか。「も、もしかしてぐりぐり都道府県が突然のリジェクトか!?」と一瞬あせりましたが、件名を見て「うほぉおおおぉお!!!おおお!!」となりました。件名には「ぐりぐり都道府県はApp Storeでフィーチャーされる可能性があります」と書いてあったのです! すぐに妻に報告しメールを確認。

 

「画像を14日17:00(米国太平洋標準時)までに送ってください、それを過ぎるとフィーチャーしないかも」と書いてありました。昔のApp Storeと変わったからでしょうか、24時間ではなく3日の猶予がありますが、今までの素材を提出するのではなく新たに「アートワーク」として画像を複数枚制作しなければなりません。(既存の素材でもいいかもですが)

 

 

ざわつくミライノ制作所

デザイナである妻のお仕事が突然増えたわけですが、これは無料で広告を出せるチャンスと思いまして、本業のイラスト制作を止めて作業してもらいました。1つ注意する事がありました、14日締め切りですがアメリカとは時差があるのでなるべく早く出そうと思いました。(今思うとアメリカ自国で指定されているので次の日の朝方までよかったのかも)

 

 

提出

特急でいろいろ用意して3月13日の午後には揃いました。どうやって送るのかと思いApp connectを開くと「アートワークのリクエスト」という項目が増えておりましたのでそこからファイルを選んで提出。しばらくするとアップルからメールがあり提出完了。いつかApp Storeの「Today」に載るようですが、いつ載るかはわからないようです。他の方のフィーチャーが数ヶ月かかったという噂をききました。

 

 

 

1ヶ月後の4月16日

 そりゃあもう毎日チェックしますよApp Storeの「今日のAPP」。夜の0時に更新されるのですが、更新されるたびに「載ってないな」とため息をつきます。しかし、1ヶ月以上たった4月16日、ついに「今日のAP」にぐりぐり都道府県が載りました!やったぜ!

 

f:id:jeffry1461:20190515160119p:plain

フィーチャーされた

 

 【フィーチャー効果

やはりフィーチャー効果はすごいです。教育カテゴリで7位まで上がった事もあります。すぐ落ちましたけど(*´∀`) ダウンロード数も記録的でした。普段100前後なのですが、この日だけでも5000近かったです。ただし次の日には半分、その次の日にはまた半分となり、1週間を待たずに平常どおりになりました・・・早いぜ!

 

f:id:jeffry1461:20190515162049p:plain

ランキング

 

 

【まとめ】

ということでやはりフィーチャー効果はすごいというお話でした。ただ、ぐりぐり都道府県は「今日のAPP」でしたので、ゲームアプリだとまた違うかもですね。

RESASアプリコンテストで最終選考に残った話


【お知らせ】

今年の1月の末に、RESASのアプリコンテスト事務局様から、「ぐりぐり都道府県が1次審査を通過して、最終選考に残りました」というお知らせがありました!うほおやったぜ! RESASアプリコンテストとは、「地域経済分析システム(RESAS:リーサス)」を活用した地域経済の分析や、地域の魅力発掘に役に立つアプリケーションを募集するというイベントです。

そして最終審査会は、内閣府の建物内にて観客100人ほどのホールでで開催され、選ばれた8チームがプレゼンテーションをするとの事。1チーム10分間内で動画を作成し、喋る内容を考えなくてはいけません。調べたところ賞金はでないようですが商品はいただける可能性があるようでした。

 

 

【プレゼンテーション】

ところでプレゼンってみなさんされますか?  私は勤めていた頃の社内プレゼン程度なら数回やりましたが、一般の方に向けてした事はないので全然得意とかではないです。でも今回のプレゼンは、自分で企画し、自分でプログラムし、妻がデザインし、ツイッター仲間がデバッグしてくれたりボイスを作ってくれたりしてもらっているアプリの説明ですから、やる気満々なのです、こんなに楽しみなプレゼンは初めてなのです(*⁰▿⁰*)

内容考えるのも動画作るのもそれほど苦労はしませんでしたが、ぐりぐり都道府県は10分近く説明するほど内容が複雑ではないので、尺の調整だけちょっと頑張りました、最後に妻の喋りも追加して調整しました。

 

 

【当日】

さて当日は「国会議事堂前駅」で降りて、内閣府の敷地に入ります。普通に生きていたら「内閣府」なんてそうそう入れませんよね、ワクワクでした。

他のチームの方も続々と集まりました、愛媛大学の学生さん達が初々しかったなぁ、羨ましい。全チームが揃ったところで全員で舞台に行き、段取りの練習をしまして、みんなでお弁当を食べました。午後から観覧のお客様がいらして会場入りされました。友人のアプリ開発者さんも2組来てもらえたのが嬉しい!

 

 

f:id:jeffry1461:20190313154141j:plain

内閣府

 

 

【プレゼン開始】

控え室で前の方のプレゼン終了を待ち、とうとう自分たちの番に。まあ私としては淡々と喋ったつもりです。前の方々が結構早口でしたので、ゆっくり喋ったほうがいいかもと思いタイマーを気にしつつ喋りました、ありがとうございました。とくに緊張してはいなかったと思いますがどうでしょうか…? そして8組全てのプレゼンが終わりまして、企業賞の発表です。ミライノ制作所はゼンリン賞という賞をいただき、副賞として鰻の蒲焼とゼンリン様の地図データソフトをいただきました。企業賞はプレゼンをした8組全てがいただけるありがたい賞です。

 

f:id:jeffry1461:20190313154254j:plain

プレゼン開始

 

 

【優秀賞の発表】

そして優秀賞、最優秀賞の発表が始まりました。じつはウチの「ぐりぐり都道府県」はRESASの地域データはちょっとしか使っておりませんでしたので、最優秀賞はないなと予想しておりました。もらえるとしたら優秀賞❗️さあこい❗️  ……結果、優秀賞、最優秀賞どちらももらえませんでした、残念です(*´Д`*)

 

 

f:id:jeffry1461:20190313154445j:plain

受賞の瞬間

 

 

プレゼン動画を見たいという方はこちらをどうぞ。

www.youtube.com

 

 

 

【まとめ】

ということで、RESASアプリコンテストにて最終審査会に呼ばれて企業賞をいただく事ができました。

残念ながら優秀賞、最優秀賞はもらえませんでした。

しかし内閣府の方と名刺交換できたり、他の受賞者の方と繋がれたり、大好きな鰻の蒲焼をいただけたり、「ぐりぐり都道府県」の宣伝になったり、プレゼン頑張ったと思えたり、いい事しか無かったと思っております。ブログネタにもなりましたし。

そして2月末で両OS合わせてダウンロード数は10000を超えたと思います。やりました❗️ ただ広告はバナー1つだけなので収益は全然低いですが(^o^;

 

f:id:jeffry1461:20190313154550j:plain

目録と副賞

 

 

RESASRESASアプリコンテストのおかげでいろいろ楽しいひと月でした、ありがとうございました。