ミライノ記録

楽しく学べるアプリの紹介、モバイルアプリ開発記録等

続・Unityで線を描いてみたい

Unityにて、漢字の書き順を教えるアプリ作りたいと思いまして、まずは指で線を描ける仕組みを作り始めました。

 

昨日はPrefab方式かLineRenderer方式かすら決まらなかったのですが、慣れ親しんでいる(?)Prefab方式をもう少し進めました。

 

マウスポインタ部分に、インクにみたてたPrefabを置く方式ですが、マウス(もしくは指)を早く移動すると点と点の隙間ができてしまいます。

f:id:jeffry1461:20170602120109p:plain

 

 

点と点を線で繋げばいいだけなのですが、Unityではそういうメソッドがみつかりません。(あったら教えてください!)となると、自前で計算して線を引くしかないです。

頑張って線を描くアルゴリズムを移植してみたのがこちらです。


Unityで線を描いてみたい

 

 


 

やはり線を描画するといえば、昔からある「プレゼンハムのアルゴリズム」ですね。

ただこれは整数を使用するので、Unityの画面に合わなかったのでFor文をやめてWhile文で無理やり回しました。

 

(ここでコードでも久しぶりに貼ろうかと思いましたがやり方忘れました)

 

 

まだかなり粗いので、これから細かく描けるように調整していきます。いやそれより描画の保存と再現をするべきかも。

f:id:jeffry1461:20170603115743p:plain