ミライノ記録

楽しく学べるアプリの紹介、モバイルアプリ開発記録等

オリジナル3Dキャラを作成

【3Dモデルを動かしてみたい】

Unityでアプリ開発など(の勉強)をしてはいるのですが、いつも2Dものだったので、たまには3Dキャラも動かしたいなという気は有りました。ちょうどお仕事で子供向けのロボットの絵が必要になったので、良いタイミングだと思いまして、絵から制作してみました。

 

 

モデリング

さてモデリングですが・・この四角さならは「MagicaVoxel」で良いかと思っていたのですが、とある方が「Qubicle」というアプリを勧めておられまして

f:id:jeffry1461:20170716192057p:plain

「あ、俺も!」と言う感じで購入。このアプリはPC用で、「Steam」経由でないと購入できないようで、起動時にSteamを起動する必要があるのが若干面倒でした。(エディションによるようです)

 

 

 

f:id:jeffry1461:20170716191642j:plain

まず、3Dモデルのラフデザインがこれです。プロのデザイナーにシンプルロボットをデザインしてくれとたのんで、即描いてもらいました。なにせこちらはモデリング素人なので簡単な形にしてもらいました。

 

 

f:id:jeffry1461:20170716192613p:plain

Qubicleの画面がこちら、ブロックを積むように描いていき、こんな感じに。

 

f:id:jeffry1461:20170716192728p:plain

ちなみにボディとかパーツ分けしてみたのがこちら。じつは必要なかったですけど。

 

 

 

【Unityにもっていく】

さてこのモデルを動かしてみようかと思いまして、Unityにもっていこうと考えました。FBX形式(3Dモデルのファイルフォーマット)で持っていくよりも、「Voxel Importer」という素晴らしいアセットがありまして、その場合は.qb形式(Qubicle用のファイルフォーマット)のファイルを読み込むと、ボーンをつけられ、パーツの切り分けもできるのです。

 

 

f:id:jeffry1461:20170716193128p:plain

「Voxel Importer」はこちら。ちなみにこれもTwitterで知りました、便利(*^^*)

 

assetsale.hateblo.jp

こちらの記事で使い方の勉強ができました。

 

 

 

【ボーンを入れて、階層をつける】

f:id:jeffry1461:20170717100325p:plain

これがVoxel Importerにてボーンを入れる(というかずらして位置を整えるだけ)の画面です。関節部分に気をつければ良いようです。

 

 

 

f:id:jeffry1461:20170717100731p:plain

素人ながら、3Dでモデルを動かすにはパーツごとの階層が重要のようです。尻の下層に背骨、その下に頭、手、足、と置くのですが、Voxel Importerではパーツごとに色をぬると階層で分けてくれるという・・すごいぜ!(ウェイトを付けるというのでしょうか)

 

 

【アニメさせる】

モーションの作成は大変面倒なので省略しまして、Unityちゃんアセットから借りました。3Dのモデルのデータと、モーション(アニメというか動きのデータ)のデータは別個に管理するものなのですね。なので誰かが作成したモーションを使うことが簡単にできるようです。いいわぁ。

 

 

 

f:id:jeffry1461:20170717101740p:plain

はい、Unityにもっていき、モーションでアイドリング(?)状態がこちらです。

 

 

f:id:jeffry1461:20170717101756p:plain

自分で作ったキャラが歩いたりするとかわいいものです。こんなシンプルなキャラでもそうなのですから、もっとリアルな人のモデルを作れる場合は嬉しさを倍増でしょうね〜

 

 

それにしてもUnityはすごい、という事で終了です。