ミライノ記録

楽しく学べるアプリの紹介、モバイルアプリ開発記録等

東京ゲームショウに出展した話 その2

【出展をするために】

東京ゲームショウの事務局に採択していただいたので、ブースの出展料金が無料になりましたが・・・ブースに貼るポスター、ビジネスデー用のパンフレットとクリアファイル、一般デー用のポストカード、スタッフ用Tシャツ4枚、アルバイト代4人分、USBのケーブル、交通費など、なんだかんだと10万円前後かかりました😫 ちなみに千葉県に住んでおりますので、幕張メッセまでは1時間かかりません。

 

 

【ビジネスデー開始】

始まりました、というか準備していたらいつのまにかお客様が周りにいました。開始のアナウンスとかないんですね。休憩とか他のブースを少しは見たいと思い、1日につき1名、4時間だけブース番をしてもらえるアルバイトを雇いました。まーとはいえ終わってみると、男性より女性の方が説明がうまいというか、楽しい気持ちが伝えられている気がしましたね。男性は説明だけをどんどんしてしまうのかも🤔(当然私を含む)

 

 

f:id:jeffry1461:20190923182625j:plain

ビジネスデー開始

 

 

f:id:jeffry1461:20190923182512j:plain

説明するの図

 

 

 

f:id:jeffry1461:20190923182534j:plain

説明するの図2

 

 

 

【出展する意味と目標】

さて今回の出展目標なのですが、出展されている方々はいろいろ思うところがあるかと思いますが、我がミライノ制作所としましては「ぐりぐり都道府県」をお客様に遊んでもらいたい事が目標ではありません。1番の目標は企業様とお仕事のつながりがほしかったのです。ですのでビジネスデーは気合をいれていました。(心の中では)

 

 

 

【結果】

とはいえ、午前中はほとんどお客様は来られませんでした。14時過ぎてからは人が確実に増えて来ました。2日間そんな感じでした。その中で通信教育のB社様と、教育コンテンツ制作に興味のある大学様が数校いらっしゃいまして、今後つながれるかもしれないと感じました。やはりゲームショウですから、学習というくくりで考えますとかなり少ないですね……。正直残念な気持ちもちょっとあります。

 

 

 さてこのあとは土日の一般デーです。